システムエンジニアの不足の原因と対応

システムエンジニアの不足が長く続いています。様々な法制度の改定に伴い、システムの刷新などを必要とされる中で業務は次々と増えているからです。マイナンバー制度に絡むシステム開発ひとつにしても、膨大なシステム開発の業務を生み出すことになります。人手不足であることから勤務状況も厳しく、辞めるシステムエンジニアも増えていることも一因となります。

またある程度経験を積んだ後は管理職へと移るケースも多く、次の世代のシステムエンジニアも必要とされています。といってもプログラマーが全て移行できるかと言えば、それも難しいものです。プロジェクトを取りまとめる技量も必要とされるために、専門のセミナーも開催されています。けれども純粋なプログラマーの場合にはトータル的な組織の運用に関わるスキルをなかなか身に付けることが難しいことから、その成果が現れにくいのも現状です。現場の作業はかなり細分化されているために、多様なビジネススキルを磨く機会が少ないもの背景にあります。

そのような中で異業種からの中途採用も募集するところが増えています。プロジェクト推進のためのスキルに精通した人材を確保することで、現在の人材不足に対応しようという動きが見られるわけです。プログラミングに関する知識は後から備えることができるので、まずはプロジェクトの計画と遂行のための指導者を確保する形で対応しようというわけです。そのための専門学校も増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です