人材不足解消のため海外と橋渡しを行うSE

システム開発の需要が膨らむ一方で、技術者不足の問題が深刻です。技術者がいなければ、必要なシステムを開発するのは難しいでしょう。

そこで、海外の人材や開発会社を活用する動きがあります。
海外の人材を獲得したり、あるいは開発会社と協力関係を築き、開発力強化とともにコストダウンを図っています。ただし、海外のリソースを活用した開発では、人材不足以外の問題に直面します。海外の技術者との協力では、コミュニケーションに問題があります。言葉の壁が立ちはだかり、開発計画がうまく進まないというケースが多々あります。そこで海外との技術提携で重要となるのが、ブリッジシステムエンジニアの存在です。

この職業は、海外の開発現場との橋渡し役となり、コミュニケーションを促進する役割を果たします。語学力に堪能であるだけでなく、関係各国でのシステム開発における事情についても熟知しています。国境を越え、間に立って調整を行うブリッジシステムエンジニアのおかげで、これまで難しかった海外との協力体制もスムーズに構築できます。ただし、橋渡し役となる能力をもった人材の確保は、さらに難しいのが実状です。言語能力に長けていて、なおかつシステム開発でも実力を持った人材は、簡単には見つかりません。そのような人材の発掘を推進すると共に、ブリッジSEとしての役割ができるよう育成が必要です。これからの海外との開発協力の中で、成功の鍵を握る重要な人材です。

このようにIT業界の人材不足はエンジニアにとってワークスタイルの多様化と可能性を広げることに繋がります。現状の人材不足をしっかり見据えて、どのように動いていくべきか模索してベストな道を選びましょう。IT業界の現状は参考資料のこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です